税金

所得税って何?意外と知らないサラリーマンの給料の話

こんな疑問をお持ちのサラリーマンの方々も多くないですか?

  • 給与明細を見ると毎月所得税がめちゃめちゃひかれてる
  • この金額がなかったらもっと給料たくさんもらえるのに
  • この所得税ってどうして毎月ひかれるの?
  • この金額って減らすことできないの?

 

毎月の給料明細を見ると、とても大きな金額が税金でひかれてしまってる。
この金額が手元に来れば、少しは生活も楽になるのに・・・

この記事ではそんな悩みをお持ちの皆さんに『所得税』がどのように決まっているかに関してまとめていきます。税金って知らないところで搾取されているイメージがとても強いと思うので、しっかりと仕組みを理解したうえで賢く節約・節税ができないか考えていきましょう。

こんな人におすすめ
  • 所得税って何か知りたい
  • 所得税は何から決まるか知りたい
  • 所得税を減らす方法を知りたい

動画でサクッと知りたい方はこちら

所得税とは何か?

所得税って何?
「税」ってつくから税金なのはなんとなくわかるけど、どうやって決まって、どうやって国に納税してるの?

所得税は名前の通り、所得にかかる税金のことです。
つまり、皆さんが稼いだ給料やボーナスに対して、かかってくる税金になります。

もちろん、稼ぎが多い人は所得税も多くなりますし、稼ぎの少ない人は所得税が少なくなります。
お金持ちはたくさん納税している一つの要因はこの所得税が大きくなるからですね。

サラリーマンの所得税は勝手に納税されている

サラリーマンの方は所得税を自分で納税したりされたことはあまりないと思います。

実は企業から毎月の給料で支払われる給料の中からすでに所得税を支払った状態であなたの口座に振り込みがされるようになっています。
これは企業の役割として、社員の代わりに納税処理をまとめて行っているからです。

給料明細をよく見ると、いろいろな税金がひかれた結果手取り金額が振り込みされてきていませんか?

その中の一つが『所得税』になるわけです。

個人事業主は自分で所得税を納付する必要がある

ただし、これが個人事業主やフリーランス、自営業になると変わってきます。

これらの人たちは会社と呼ばれる組織に所属しているわけではないので、あくまで納税処理もすべて自分で行う必要があります。

これだけの今年は儲けがこれだけでたから、納税額はいくらになるのかを計算し申請する方法です。
これが俗にいう『確定申告』に当たります。

また、最近のニュースで話題になりましたが「チュートリアルの徳井さん」がネットを騒がせた脱税ニュースはまさにここの確定申告を忘れていたことが要因です。

所得税には一部控除される仕組みがある

所得税が「所得」から決まるのはわかったけど、所得税を何とか減らす方法はないの?
少しでも税金が減らせるなら減らしたいんやけどなー

所得税には『所得税控除』という考え方があります。

この控除を増やすことができれば、所得税の対象となる金額を減らすことができ、所得税の金額も減らすことができます。

ただし、あくまで所得税控除は限定的な場合に限られるので、内容の理解をすることが必要になります。

所得税控除の種類はたくさん

所得税の控除となるパターンは非常にたくさんあります。
あなたもこれらの中で控除対象になるパターンに合致しておれば、所得税の金額を減らすことができるはずです。

所得税控除のパターン
  1. 雑損控除
  2. 医療費控除
  3. 社会保険料控除
  4. 小規模企業共済等掛金控除
  5. 生命保険料控除
  6. 地震保険料控除
  7. 寄付金控除
  8. 障害者控除
  9. 寡婦控除・寡夫控除
  10. 勤労学生控除
  11. 配偶者控除
  12. 配偶者特別控除
  13. 扶養控除
  14. 基礎控除

以外にもこれだけのパターンで控除を受けることができるんです。

名前だけ見て想像できるものとできないものとありますよね。
こちらの記事ではその中でも二つ、身近に受けることができる控除をご紹介します。

生命保険控除

一つ目は生命保険控除です。

生命保険控除は、あなたが生命保険に契約している場合に控除を受けることができる制度にあります。

生命保険を契約されている場合、月額で決まった金額を生命保険に出費されていると思いますが、その金額に応じて所得税の金額から控除を受けることができるんです。

サラリーマンの方だと、年末調整の時期に保険関係の書類をまとめて会社に申請したりされていないでしょうか?

実はその申請が影響しているのがこの控除金額を計算するために使用しているんです。

あの申請処理いろんな資料とか集めて、まとめないといけないのでめんどくさいとは思いますが、必ず忘れずにやってくださいね。

それだけでも大きな控除を受けれる可能性もあるので、必須です!

基礎控除

基礎控除はどんな条件もなしに、必ず受けることができる控除になります。

つまり、どんな納税者であったとしてもこの控除に関しては、考慮されているということになります。

基礎控除が令和2年(2020年1月1日~2020年12月31日)からの基礎控除が38万⇒48万にアップ

令和2年から基礎控除の考え方が見直しされます。
今まで通常の控除が38万をベースに設定されていましたが、今年の控除額より48万となり控除金額がアップされます。

ちょうど今年から変更になった点になるので、そういう意味では去年より所得税は少し安くなっている可能性が高いかもしれませんね。

ただし、個人の所得が非常に高い人に関しては、控除額が減少するようにもなりました。

詳細は以下の内容になります。

個人の所得合計額 控除額
2,400万以下 48万
2,400万超2,450以下 32万
2,450万超2,500以上 16万
2,500万以上 0

 

私としては2,400万なんて到底及ばないので、全く問題ないのですが、金持ちの人は少し窮屈な変更になるかもしれないですね。

 

まとめ

  • 所得税は稼ぎによって決まっている
  • 控除される仕組みを理解すれば減らすことも可能
  • 自分の所得税がどんな計算になっているか見てみましょう