NFT

Openseaとガス代の関係性について解説!ガス代はいつ発生するの?安くできないの?

NFTのことを調べているとガス代ってよく聞く・・・
ガス代って手数料って聞いたけどいつかかるの?

こんな悩みにお答えします。

Openseaで取引する際によく聞く『ガス代』について解説していきます。

ガス代は気がつかないうちに積み重なってしまうケースもよく聞きます。

必ずガス代の発生タイミングをよく理解して、取引をするようにしていきましょう。


この記事でわかること
  • ガス代が発生するタイミングがわかる
  • Openseaとガス代の関係性がわかる
  • OpenseaでNFTを取引するためにはETHが必要
  • ETHを買うにはコインチェックがおすすめ

\2021年暗号資産アプリダウンロードNO1/

コインチェック

✔️NFTには仮想通貨が必要

NFTを購入するためには仮想通貨が必ず必要です。

仮想通貨を購入したことがない人は『コインチェック』がオススメです。

コインチェックは初心者にも優しいアプリ操作画面で非常に使いやすいです。

✔️特大キャンペーン実施中

現在コインチェックではお得なキャンペーンを開催中です。
口座開設を悩んでる人は今がチャンス

〜4月11日まで
コインチェックで積立設定をした人に10,000円分のビットコインをプレゼント

ガス代とは?

ガス代って最近よく聞くけど、そもそも何のこと?
公共料金の話とは違うよね・・・・?

という方非常に多いと思います!

簡単にいうとガス代はイーサリアムブロックチェーンを使用したときの手数料のようなものになります。

では、なぜ手数料が発生するのかというと

イーサリアムブロックチェーンでは全ての取引履歴を記憶しています。

「いつ」・「誰が」・「どのような取引をしたのか」これらの管理ができるのがイーサリアムブロックチェーンの魅力です。しかし、これらの情報は非常に複雑な計算が必要になります。

これらの計算を行っている人を『マイナー(採掘者)』というのですが、この人たちに計算をしてくれたお礼を支払い必要があるのです。

それがまさにガス代です。

ガス代:ブロッックチェーンの複雑な計算をしてくれているマイナーに支払う手数料

これらの計算処理は固定で決まっているわけではありません。

計算処理の混み具合によっても状況が変わるため、手数料は常に変動しています。

イーサリアムの取引量が多ければ多いほど、それだけ必要な計算処理も多くなるためガス代は高騰します。

取引を行う際はガス代でどれくらいの費用が発生しているのかチェックしましょう。

Openseaの手数料が高いわけではない

Openseaのガス代は高いなー
他のプラットフォームを探す方がいいのかな・・・

こんなことを思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、それは少し違います。

ガス代はイーサリアムブロックチェーンの計算時に支払いが必要な手数料になります。

なので、Openseaがガス代を高くしているわけではありません。

イーサリアムブロックチェーンを使用すると必ず必要になってくる経費ということです。

ガス代はNFTプラットフォームに依存しない

ガス代がかかる取引はこちら

実際にガス代っていつのタイミングでかかるの?

では早速ガス代がかかるタイミングをチェックしていきましょう。

ガス代はNFTを販売する出品者、NFTを購入する購入者のそれぞれで発生する可能性があります。

え、こんなところでも発生するの?

ってことも結構あるのでしっかりチェックしていきましょう。

出品者のガス代

NFTは出品者にもガス代が発生します。
必ず先にチェックしておきましょう。

出品の際は最初の価格設定のタイミングだけガス代が発生します。

また、価格変更や取引をキャンセルする際にもガス代が発生するので、注意して取引をしていく必要があります。

購入者のガス代

購入者がNFTを購入する以外にも実はガス代が発生する時があります。
事前準備の際にも必要になるので、要チェックです。

ETHからWETHやPolygonに変換する時にもガス代はかかります。

ガス代を節約をする際に変換をされる方も多いと思いますが、意識するのが本当に大切です。

ガス代っていつが安いの?

実際のガス代はいつのタイミングが安いの?
どれくらいの値段なのか知りたい

ガス代はイーサリアムの取引量によって価格も変動します。

できれば安い時にガス代がかかる取引をやっていきたいですよね。

そこで使えるのが『Ethereum Gas Price Chart』のサイトです。

こちらのサイトでは価格の推移をチェックすることができるので、安いタイミングを狙って取引していきましょう。

ガス代がかからない取引は?

ガス代がかからない方法としてETHではなくPolygonに変換して取引を行うやり方があります。

これであればガス代を非常に節約できるために、有効活用できるでしょう。

しかし、NFTの作品はブロックチェーンを指定して、出品するため購入できる通貨が決まっています。

もし気になるNFT作品があるのであれば、先にどのブロックチェーンで販売されているかチェックしてから準備するようにしましょう。

\コインチェックで暗号資産投資を始めよう/
コインチェック

・2019年〜2021年まで暗号資産アプリダウンロード数NO1
・取引所の取引手数料無料
・500円からビットコインが買える

コインチェック公式サイト