NFT

【NFT関連用語集】

Mint(ミント)

「Mint(ミント)」とは、NFTを発行して作成することです。

GiveAway(ギブアウェイ)

「GiveAway(ギブアウェイ)」とは無料でNFTをプレゼントすることです。

ただしガス代等の手数料は別途必要になるため、その点には注意が必要になります。

Twitter等で『GiveAwayします!』等のイベントをよく目にしますが、これはまさにこちらの件です。

なぜ無料でNFTを配るのかというとフォローやRTをしてもらい、認知度を上げる目的が多いです。

多くの人に認知をしてもらうことでNFTのことも知ってもらうことができるからです。

WL(ホワイトリスト)

「WL(ホワイトリスト)」とはNFTを先行でゲットするための先行予約券になります。

NFTの販売に関しては非常に人気のある場合、発売後すぐに売り切れしてしまい、全くゲットすることができないケースがあります。

そのような場合のために、特定の方に”WL(ホワイトリスト)”を発行し、先行で購入できる権利を付与しているのです。

ホワイトリストのゲットの方法はさまざまですが、以下のような例があります。

  • Twitter等での当選
  • Discordでの活躍
  • 特定のNFTの保有 etc

ガス代

「ガス代」とはNFTに関する取引を行う際にかかる手数料のことです。

こちらのガス代も非常に大きな金額にケースもあるので、どの取引でどのくらいのガス代がかかるのか事前のチェックが必要です。

OpenSea

「OpenSea」とはNFTを売買するための共通のプラットフォームになります。

多くのNFTクリエイターがこちらのプラットフォームにNFTを公開して、売買ができるようにしています。

>>OpenSea

スマート コントラクト

ブロックチェーンの上で処理される動作を自動的に実機してくれる仕組みのことを言います。

DAO

中央管理者を持たずに所属しているメンバーによって自律的に運営される組織形態。

Decentralized Autonomous Organizationの略

スマートコントラクトの技術を使用している。

Defi

ブロックチェーンの仕組みを活用して、金融機関の仕組みを構築していこうとしている非中央集権的なお金ほしみは

SBT

正式名称Soul Bound Tokenで日本語訳は『魂に縛られたトークン』です。こちらは一度手にすると誰にも譲渡することができない持ち続けるNFTになります。

こちらを活用して資格付与や学歴など個人に永久に付与されるようなものの代わりとして活用できないか検討がされています。

\コインチェックで暗号資産投資を始めよう/
コインチェック

・2019年〜2021年まで暗号資産アプリダウンロード数NO1
 ※対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak
・取引所の取引手数料無料
・500円からビットコインが買える

コインチェック公式サイト