NFT

【気になる】NFTって何?どんなことができるようになるの?

この記事で解決できる悩み
  • NFTってよく聞くけど、よくわからない。
  • NFTって何ができて、生活がどう変わるの?
おこげ

仮想通貨歴3年!含み益を入れて300万以上プラス
現役サラリーマンのおこげが解説します。

悩んでる人

NFTって言葉をよく聞くけど、なんのことなの?
置いてかれないように知りたい!

こんなお悩みに回答します。

NFTは今急激に成長している新しいテクノロジーです!
ぜひ、今のうちに学んで未来の情報を先取りしちゃいましょう!

NFTとは?

NFTとは『Non-Fungible Token』の略称になります。
日本語訳では『非代替性トークン』です。

この言葉だけだとよくわかりませんよね。
NFTは簡単に言うと、『唯一の物と証明できる証明書』のような物になります。

NFT:いろいろな物に唯一の証明をするための証明証

身の回りの電子データ

例えば、あなたが世界で100本しかない腕時計を買ったとします。
その時計はもちろん世界で100人の人しか保有していませんし、それぞれの腕時計にはシリアル番号がふられているでしょう。
つまり、その時計を見ればあなたが貴重な時計を保有しているということを証明することができるのです。

しかし、電子データの場合どうでしょう。
ネットで見つけた画像ファイルや音声ファイルなどは、電子データでコピーなどもたやすくすることができます。
これが誰が保有しているものかという証明をすることができません。

本物の電子ファイルなのか、コピーされた偽物のファイルなのかも証明することが難しいです。

これをNFTの技術を用いれば、証明することができるようになるのです。
いろいろな電子データにも誰の保有している物かを証明する目印をつけることができるのがNFTです。

そのため、電子データにも『唯一の証明』をさせることができるようになります。

NFTってどんな物がであるの?

NFTは本当にいろいろな物につけることができるようになっています。
NFTが始まって一番早く動き出したのは、デジタルアート関連です。

中には75億を超える価値をつけたデジタルアートもあります。
これまでなかなか価値をつけることができなかったデジタルアートに一気に付加価値が追加時代とも言えるでしょう

NFTによって起こるメリット

NFTが広まることによりたくさんのメリットが考えられます。

NFTは唯一無二の証明をすることができる仕組みです。
そのため電子データを取引する際の安全性が非常に高まると考えられます。

取引をする場合にもNFTマーケットと呼ばれるNFTデータを取引する場所で確認すれば、そのデータが本物かどうかを一目瞭然で判断することができます。
これはよりデジタル資産の取引を活発に安全にさせるでしょう。

また、偽物の出現を抑制することにもなるでしょう。
NFTで確認すればどれが本物かどうかを判断することができます。
取引をする上で本物かどうかの確認をすることもできますし、偽物と本物の判別に困ることもないでしょう。

NFTと仮想通貨の関係性

現在のNFT取引のほとんどがイーサリアムブロックチェーンの上で取引をされています。
そのため、NFTを購入するためにはイーサリアムの準備が必要になり、仮想通貨を介して取引をしていく必要が出てくるのです。

NFTの取引にも興味のある方はぜひ、こちらの記事を参考にしてみてください。
▷NFTの投資方法について

NFTにはガス代が必要

NFTの取引をする上で仮想通貨が必ず必要になります。
さらにその中でよく耳にするのが、『ガス代』と言う言葉です。

あまり聞き馴染みのない言葉ですが、簡単に言うとNFT取引を行う際の手数料のような物です。
NFT自身がまだ始まったテクノロジーになるため、今はガス代(手数料)もある程度かかってしまいます。

NFTは今後どんな風に生活をかえる?

NFTはまだまだ認知度は低いです。
それでも徐々にみなさんの身の回りに広がりつつあります。

▷YouTubeがNFTへの参加を表明?

こちらはYoutubeがNFTへの参加を検討していると言うニュースです。
日頃からYoutubeを見てる人は多いと思いますが、すぐそこまでNFTの波は近づいて来ています。

▷大谷翔平選手がNFT

また、今年度大活躍だった大谷翔平選手もNFT関連の記事に名前を連ねています。

ぜひ、これをきっかけにNFTの知識をつけてみてはいかがでしょうか?

\コインチェックで暗号資産投資を始めよう/
コインチェック

・2019年〜2021年まで暗号資産アプリダウンロード数NO1
・取引所の取引手数料無料
・500円からビットコインが買える

コインチェック公式サイト