NFT

【LLAC】Live Like A Cat(LLAC)のWLはAPPとCNPホルダーに優先配布

おこげ

NFTコレクション『Live Like A Cat』のWL(ホワイトリスト)配布に関して新しい情報が公開されました!

いま大注目のNFTコレクション『Live Like A Cat(LLAC)』のWL(ホワイトリスト)配布に関して新しい情報が公開されました。

NFTゲットを狙っている人は早速チェックしましょう。

『Live Like A Cat(LLAC)ニュース』LLACとは?

『Live Like A Cat(LLAC)』は2022年12月28日にNFT発売を控えるNFTです。

インフルエンサーのしゅうへいさん(@shupeiman)と猫型クリイターうむ子さん(@umuco_digital)が手がけるNFTコレクションです。

まだ発売前にも関わらず非常に多くのファンがいて、オンラインコミュニティにも多くの人が参加しています。

こちらのNFTのテーマは『ネコのように自由気ままに生きてみようか』

とてもかわいい猫たちがモチーフになっていて、とても愛着がわくキャラクターとなっています。

『Live Like A Cat(LLAC)』のホワイトリストはAPPとCNPホルダー優先!

イケハヤ氏(@IHayato)からLLACのWL(ホワイトリスト)の配布方法に関して新しい情報が公開されました。

イケハヤ氏はしゅうへいさんをここまでのインフルエンサーに育てた方でもあり、LLACのNFT運用に関しても非常に積極的に参加されています。

今回のLLACの配布方法に関してもイケハヤ氏としゅうへい氏で案をいろいろ練られているようで、そちらの情報がイケハヤ氏のツイッターで11/16に公開されました。

配布方法に関して公開された情報は以下の通りです。

  • WL(ホワイトリスト)はAPPとCNPのホルダーには配布予定
  • ガチホする方に配るためにリスト率が少ないこれらのホルダーに渡す
  • さらに保有したNFTを一体も手放していない人は配布の確立を上げる

LLACは売買目的ではなく、しっかりとコレクションとして保有してくれる人たちを選定していくようです。

そのためにもこれまでガチホユーザーが非常に多い、『APP』と『CNP』のユーザーにはWL(ホワイトリスト)を渡す方法をとります。

今すでにこれらのNFTを保持されている方はチャンスですので、積極的にLLAC DAOでコミュニティを広げていくとWLをゲットできるかもしれませんね。

LLACの関連情報に関してはこちらにまとめているので、参考にしてみてください!

1/#LLAC のALについて非常に多くの方が関心を持っているようなので、少し情報をまとめますね。

配布方法については、現在、イケハヤ&しゅうへいで練っています。

「ガチホしてくれる人に渡す」ことを重要視して配布していきます。 pic.twitter.com/tnLBZ7aPeX

— 🍺 ikehaya (@IHayato) November 16, 2022

LLAC関連記事

\コインチェックで暗号資産投資を始めよう/
コインチェック

・2019年〜2021年まで暗号資産アプリダウンロード数NO1
 ※対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak
・取引所の取引手数料無料
・500円からビットコインが買える

コインチェック公式サイト