NFT

【NFT】Crypto Baby Animals(CBAs)とは?特徴・買い方をわかりやすく解説

おこげ

『Crypto Baby Animals(CBAs)』ってなに?
『Crypto Baby Animals(CBAs)』の特徴やNFTの買い方を知りたい!

最近はやりのNFTで『Crypto Baby Animals(CBAs)』ってよく聞くけど何なの?と思われている方も多いのではないでしょうか?

『Crypto Baby Animals(CBAs)』は2021年9月に発売予定のNFTコレクションになります。

  • もっと知りたい!!
  • NFTを買ってみたい!!

そんな方々に向けてこちらの記事では『Crypto Baby Animals(CBAs)』の特徴と購入方法についてまとめていきます。

この記事の信頼性
  • 仮想通貨・NFTブログ歴3年
  • ブログ開始3か月で収益化
  • NFTコレクター
  • 仮想通貨運用7桁

『Crypto Baby Animals(CBAs)』とは

  1. イラストレーター&漫画ブロガーのBUSONさんが作成
  2. かわいい動物たちがモチーフ
  3. コミュニティが充実

順に解説します。

CBAsはインフルエンサーBUSON氏が手掛けるNFT

『Crypto Baby Animals(CBAs)』はインフルエンサーのBUSONさん(@BUSON2025)が手掛けるNFT作品になります。

イラストレーター/漫画ブロガー/Youtube/インスタグラマーの様々な顔を持たれていて、とても多くの方々に認知されています。

CBAsはかわいい動物たちがモチーフ

こちらのNFTコレクションのモチーフは動物たちです。

個性豊かな動物たちがさまざまな表情をしているNFTになっていて、非常に魅力的な作品になっています。

CBAsはコミュニティが充実

CBAsはコミュニティが非常に充実しているNFTです。

参加者はすでに10,000人を超していて、非常に多くの方が情報交換しながらDAOを盛り上げています。

NFTを盛り上げるうえでは作品の内容だけでなく、コミュニティがどれだけ充実しているかが非常に重要になります。

その点キャラDAOではリアルタイムでたくさんの方々がコミュニケーションをとりながら盛り上がっているので、これからどんどん成長していくNFTの一つといっても過言ではないでしょう!

Crypto Baby Animals(CBAs)の詳細と購入方法

それではNFTコレクション『Crypto Baby Animals(CBAs)』の詳細についてまとめていきましょう。

特徴はこちらです。

  1. 販売数は999体
  2. 著名人も注目のNFT
  3. 価格はどんどん上昇中

Crypto Baby Animals(CBAs)の販売対数は999体

『Crypto Baby Animals(CBAs)』の販売対数は999体です。

2021年9月に発売され、すでに1年以上経過していますがそれでもなお売買が継続されている非常に人気なNFTコレクションとなっています。

Crypto Baby Animals(CBAs)価格もどんどん上昇中

販売当時の価格は0.1ETHでしたが、現在(2022年11月時点)で最低価格が1.4ETHまで高騰しています。約14倍とここまで価格を押し上げたのにはコミュニテイの充実やBUSONさんのインフルエンサーとしての世間の評価が加わったからこそだと思います。

現時点でも活発に取引がされているNFTコレクションなのでさらに価格が上昇する可能性は十分あります。

Crypto Baby Animals(CBAs)のホルダー特典は?

持っているだけでもとても価値のあるCBAsですが、実はホルダーには更なる特典があります。購入を検討されている方はもれなくチェックしておきましょう!

商標利用OK

CBAsを購入した人は商標利用OKとなっております。

そのため自分の製品やグッズを作られている人は購入したキャラクターを使って商売を始めることもできるわけです!

なかなか自分の製品を作っている人は少ないかもしれませんが、最近ではLINEスタンプなども個人で販売できる時代なので、興味のある人はチャレンジしてみる価値はありそうですね♪

キャラDAOで特別コミュニティへの参加券

キャラDAO内ではホルダー専用のコミュニティもあり、そちらでホルダーだけのクローズドなコミュニケーションをとることができます。

しぶきちゃんNFTのWL(ホワイトリスト)ゲット

しきぶちゃんとはBUSONさん(@BUSON2025)が手掛けるNFTプロジェクトになります。

紫式部をモチーフとしたキャラクターでこれまで書籍化や大手企業商品・テレビドラマなど数々のメディアとコラボしてきています。

こちらのNFTコレクションが2022年12月11日に発売になるんですが、そのWL(ホワイトリスト)をゲットすることができます。

販売価格も0.001ETHで非常に安いので、今後価値が上がることも考えると購入を検討して損はないでしょう。

Crypto Baby Animals(CBAs)は有名人も持っている

CBAsは多数の著名人も保有しています。

Crypto Baby Animals(CBAs)の購入方法は?

Crypto Baby Animals(CBAs)はすでに発売済みのNFTなので購入方法は2次流通で購入する方法になります。

2次流通は発売後誰かに渡ってしまった後でユーザーどうしで売買する形になります。

発売当時の価格ではなく市場に出回った後で評価されたNFTを購入する形になるので、価格はつねに変動しています。Crypto Baby Animals(CBAs)の人気を見ると今後も価格の上昇が考えられるため、購入を検討されている方は早めの購入することをおすすめします。

Crypto Baby Animals(CBAs)の購入前にできる準備は?

NFTの購入に必要な物はある程度決まっています。

すぐ購入できるように先に準備しておきましょう。

Crypto Baby Animals(CBAs)の購入準備
  1. 暗号資産の口座開設
  2. イーサリアムを購入
  3. メタマスクの登録
  4. メタマスクにイーサリアムを送金
  5. OpenSeaを確認

3ステップで暗号資産取引所の口座開設をしよう

最初に暗号資産取引所の開設からです。

初めて仮想通貨を取引する方には『コインチェック』がおすすめです。

\簡単3ステップ・最短一日で取引開始!/

初心者にもわかりやすく暗号資産が初めての方でも使いやすい取引所なのでコインチェックの取引所を使いましょう。

口座開設の手順がわからない人は「10分で出来る口座開設の方法」の記事を参考にご覧ください。

暗号資産取引所でイーサリアムを購入しよう

ETH(イーサリアム)とは

NFTを取引売買する際に必要になる仮想通貨です。
イーサリアムの持っているスマートコントラクトと呼ばれる性能を用いて、NFTの取引を行います。

取引所の開設が完了した方はイーサリアムを買っていきましょう。

イーサリアムの購入方法はこちらに解説しています。

メタマスクを準備しよう

おこげ

メタマスクはNFTを購入する上での仮想通貨を管理する場所です。
NFTをゲットするには必要なので登録をしていきましょう。

メタマスクはNFTを購入するためにお金を預ける場所になります。

購入したイーサリアムをこのメタマスクに移しておく必要があります。

メタマスクのインストールに関してはこちらを参考にどうぞ

メタマスクにイーサリアム送金しよう

メタマスクの登録が完了すれば、次はコインチェックで購入したイーサリアムをメタマスクに送金していきます。

送信するときのアドレス情報やコインチェックからの送金先の指定の仕方など、失敗しないように慎重にいきましょう。

手順に関してはこちらで画像を使って解説してるので、せひ参考にしてください。

OpenSeaでCBAsを購入

最期はいよいよ購入です。

ここまで準備したMetaMaskとOpenSeaを連携して、NFTを購入していきましょう。

CBAsの公式ページはこちらです。

各NFTの詳細ページが開くので、「Add to cart」を押してください。
そのままComplete Purchaseのボタンを押下して購入完了です。

Crypto Baby Animals(CBAs)まとめ

この記事ではCrypto Baby Animals(CBAs)の特徴と買い方についてまとめていきました。

Crypto Baby Animals(CBAs)は発売されてしばらく期間がたっていますが、それでもなお価値が上がり続けている貴重なNFTの一つです。

ぜひ、この記事をご覧になった方は購入を検討してみてください。

購入しようか少しでも悩んでいる方は、ぜひ取引所の開設だけでも先にしておくことをお勧めします。

\簡単3ステップ・最短一日で取引開始!/

\コインチェックで暗号資産投資を始めよう/
コインチェック

・2019年〜2021年まで暗号資産アプリダウンロード数NO1
 ※対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak
・取引所の取引手数料無料
・500円からビットコインが買える

コインチェック公式サイト